若手社員インタビュー

ORIONrecruit2018

若手社員インタビュー

  • 営業系 2012年入社
  • 関西オリオン株式会社 大阪営業所
  • 経済学科
  • 研修(6ヶ月)→営業(現職:今年で5年目)

当社の営業は、営業担当だけに任せるのではなく、上司、先輩や技術者の方が積極的に協力してくれ、チームで営業を行なっていることが特徴です。

01

私の仕事

オリオン製品導入でこう変わる!日々、提案営業をしています。

担当するエリアのユーザ様や代理店様をはじめとするお客様を訪問し、お困り事・改善したいことなどのニーズを引き出します。頂いたニーズに対して、オリオン独自の技術を駆使した特長のある様々な製品の中から最適なものを選定し、導入することでのメリットをご説明して採用いただける様に提案営業を行っています。一概にお客様といっても幅広く、製品を実際に操作される作業担当者様、設備保全担当者様、購買担当者様など多くの方とお会いし、お話を聴かせていただいております。頂いたニーズについて、自分一人だけではなく、先輩・上司・他部署と連携してベストな提案ができるよう心掛けています。毎週金曜日に部内ミーティングがあり、そこで他のエリア担当者のアイディアを聞いたり、フォローを得て、チームでの営業活動を行なっています。

|私の仕事

02

仕事のやりがい

提案から納入まで1年越し、とことん営業で大型チラー受注。

入社2年目にお客様から今までに経験したことのない大型のチラー案件の相談を頂きました。それから何度もお客様と仕様や納期について打合せを行いました。途中トラブルもありましたが、回答内容について先輩が相談に乗ってくれたり、上司や本社の技術者の方と一緒に資料を作成したり、関係する方々の協力を頂き、乗り越えていきました。その結果、最後には「オリオンさんは対応が良いから、次もお願いしたい」と仰って頂き、非常に感動しました。今後このように感じてくださるお客様をもっと増やしていきたいと強く思いました。当社の営業は、営業担当だけに任せるのではなく、上司、先輩や技術者の方が積極的に協力してくれ、チームで営業を行なっていることが特徴です。

03

入社理由

独自の技術でシェアNo.1製品を多数揃え、自身を持って営業が出来ること。

ずばり自社ブランドの完成品に誇りと自信を持っていると一番感じたのがオリオン機械でした。日本のものづくりを体現するメーカーで営業をしてみたいと考える中で、自社製品に対してどのような誇りと自信を持っているかを聞くことを心掛けていました。酪農で培ってきた技術、そして歴史あるオリオンにしか出来ない完成品で社会に貢献していく姿、社会など知らない学生でしたが入社後、営業マンとしてお客様に「オリオンならこれが出来ます!」と自信を持って商談する姿をイメージすることが出来ました。当社の製品は学校や工場、美術館や研究施設等多岐にわたる業界で使用されており、営業職として色々な世界に足を踏み入れることができるのも魅力でした。また、量産品を100個1,000個売るという営業ではなく、お客様と一緒に製品の仕様を決めた思い入れの強いオリジナルの製品を売ることができるのも魅力です。簡単な図面を引いたり、機械に触れることもあるので、ものづくりに興味がある方には、おすすめです!

04

オフタイムの過ごし方

仕事の休憩中のちょっとした世間話でもプライベートでも会話することでリフレッシュしています。休日は、営業所で年齢の近い仲間が集まり、スノーボードや花見等遊びに出かけることも多いです。長野県出身の私ですが、定期的に実家に帰ることもできます。

05

就職活動する学生へのメッセージ

自分から見た自分、他人から見た自分の両方を知ることで本当に自身を持って就職活動が出来ると思います。様々な情報が入ってきますが焦らず、惑わされず、時には休憩し、自分のペースで行ってほしいです。自分に合った企業は絶対に見つかります。

一日のタイムスケジュール

8:40~8:50

出社

8:50~9:00

朝礼

9:00~9:30

メールチェック

9:30~12:00

販売店さんと販売戦略について打ち合せ

12:00~12:50

お昼休み

12:50~16:00

お客様と特注製品の仕様打合せ

16:00~17:30

メールチェック、資料作成

17:30~

退社

他の若手社員インタビューを見る