若手社員インタビュー

ORIONrecruit2018

若手社員インタビュー

  • 営業系 2007年入社
  • 環境システム営業部
  • 機械サイエンス学科卒
  • 開発設計(6年)→営業技術(現職:4年目)

他社ではやっていない製品をつくっていることに、とても誇りを感じています。

01

私の仕事

精密空調機の営業技術を担当

高精度な温度・湿度調整ができる精密空調機の技術営業を担当しています。お客様のもとを直接訪問し、精密空調機を使用したシステムの提案から精密空調機設置後の試運転の確認までを行います。打ち合わせ時に製品のご提案をするため、参考のために図面を作成したり、工事業者との連絡を取ったり、技術と営業の両方のスキルを生かし、日々取り組んでいます。この他にも、大手ゼネコン・サブコン・空調設備業者様へのPRを行い、精密空調機の拡販も行っています。

|私の仕事

02

仕事のやりがい

高度なシステム案件を受注し、予想以上の性能を発揮!

某大手メーカ様より非常に高度な恒温室の引き合いをいただきました。部屋の温度分布、クリーンルーム内への設置、お客様の装置へ供給する電源の準備、納入済みチラーユニットの移設などたくさんの課題がありました。その中で「技術」として設計担当者のお客様との打ち合わせをし、「営業」として工事業者の手配や金額の決定までを行いました。結果、お客様の要求以上の完成度の高い製品を納入することができました。お客様にも非常に喜んでいただき、別の案件の仕事にも声を掛けて下さるようになりました。誠実な対応を心掛けたことが良い結果に繋がったと感じています。

03

入社理由

魅力的な製品をつくり、何でも作れる技術力。

就職活動で合同説明会に参加したことがオリオン機械を知ったきっかけでした。当時はオリオン機械について全く知らず、空いた時間で参加した程度でしたが、説明を聞くことで瞬く間に興味が沸いてきました。最初気になったのが、国内唯一の酪農機械メーカであったことでした。搾乳機のような機械があること初めて知り、「なんて面白いものを作っているのだろう!」と大変驚きました。また豊富な製品ラインナップで高い技術力があり、様々な製品を生み出せる完成品メーカであることも非常に魅力的だと思います。オリオンの社員となっている今も、他社ではやっていない製品をつくっていることに、とても誇りを感じています。

04

オフタイムの過ごし方

子供と遊んで過ごしています。まだ生まれたばかりですが、子供の笑顔や寝顔を見ると癒されます。週末はなるべく身体を動かし、またお酒を飲むのが好きなので、晩酌をしてリフレッシュしています。

05

就職活動する学生へのメッセージ

いろいろな会社の情報を調べて説明会等に参加し、世の中にどんな会社があるか幅広く知ることが大切だと思います。自分の希望以外の分野でも説明会に足を運んでみると心奪われるような会社が見つかるかもしれません。世の中には面白い会社がたくさんあります。自分がどんなことに興味を持っているかわかると、就職活動も面白くなってくると思います。

一日のタイムスケジュール

8:50~8:55

メール確認

8:55~12:00

お客様からの問合せ対応、精密空調機の図面・見積もり作成

12:00~12:50

お昼休み

12:50~17:20

お客様訪問、打ち合わせ、試運転性能確認

~17:30

退社

他の若手社員インタビューを見る