若手社員インタビュー

ORIONrecruit2018

若手社員インタビュー

  • 技術系 2014年入社
  • 産業機械技術部
  • 環境機能工学科卒
  • 開発設計(現職:3年目)

次に生かせる経験が、日々自身の成長を感じさせてくれます。

01

私の仕事

海外向けエアードライヤーの設計開発

海外向けの製品は日本と使用環境(気温等)が違い、市場で求められるものが変わるので、販売する国に合わせた条件で試験や設計を行います。製品を製造する際に海外製の部品を使用しますが、品質がとても重要です。見落としがないよう、厳しい試験で一つひとつチェックします。試験が上手くいかない時は先輩や上司に相談し、原因を突き止め、解決方法を考えていきます。この試行錯誤は次の試験で生かせる知識となるので、とても面白いです。

|私の仕事

02

仕事のやりがい

経験を生かし、自分で考えた解決方法で試験をクリアしたとき

製品試験を行う際、先輩や上司と相談しながら原因と解決方法を考えます。原因を突き止めるため、とにかく一つずつ可能性を潰していきます。時間はかかりますが、お客様にお渡しする製品なので、時間をかけてでも正確に試験をしなければなりません。原因究明と解決方法を模索していく中で、「前にこういう時は、こうしたら上手くいった」という次に生かせる経験が、日々自身の成長を感じさせてくれます。特に自分で考えた方法でうまくいった時は嬉しいですし、「あの時頑張ってよかった」と思います。

03

入社理由

会社の雰囲気がよく、完成品が作れる会社だったから

説明会での社員の方の雰囲気や、社長や役員の方との面接の雰囲気は、いずれも自然と自分を笑顔にさせ、直感で自分に合っていると思いました。また、自分が設計した製品を作りたい思いもあったので、県内外の多くのメーカーを見たとき、オリオンが”完成品”を作っていることに魅力を感じ、更に入社意欲が高まりました。

04

オフタイムの過ごし方

仕事後は同期と集まり飲み会や、趣味のピアノを弾くことで気分転換しています。また冬はスノーボードで、長野の寒い冬も楽しく過ごしています。旅行も大好きなので有休を取得し、普段なかなか行けない場所に出掛けています。その土地の美味しいご飯を食べたりすることでリフレッシュし、仕事への活力となっています。

05

就職活動する学生へのメッセージ

会社名や会社の大きさにとらわれずに、自分のやりたい仕事、働く会社のイメージをつけておくと良いと思います。周りのペースに焦ってしまうこともあるかもしれませんが、自分が絶対に譲れないポイント(職種・勤務場所・勤務時間等)を考え、それが実現できる会社を探していくと自然と入りたい会社が見つかってくると思います。また就職活動の時期は一人で悩みを抱え込みがちですが、家族や友人に相談し会話をすることでリフレッシュし、明るい気持ちで就職活動していって下さい。

一日のタイムスケジュール

8:20~9:00

メールの確認、海外へ発送する部品の準備

9:00~12:15

モデルチェンジ機の試験内容ミーティング

12:15~13:05

お昼休み

13:05~15:00

既存製品モデルチェンジのCAD図製作

15:00~15:10

休憩

15:10~16:00

モデルチェンジ機のマッチング試験

16:00~17:15

試験データをまとめて関係部門と打合せ、翌日の試験準備

~17:25

退社

他の若手社員インタビューを見る