スーパーラインミルカー®バリュープラス

新ミルカー基準を採用。新世代ハイテクミルキング

  • 真空2系統搾乳で、速やかに、確実に搾り切りを実現
    乳頭にかかる搾乳真空と搾ったミルクを運ぶ送乳真空の2種類の真空度を使い分け、安定した搾乳真空を実現しました。
  • 高品質乳生産に貢献するエコウォッシュ洗浄
    洗浄効果はそのままに洗浄工程を短縮。電気代、水道代、灯油代、洗剤代など全てにおいて経済的です。
  • 毎回の搾乳ごとに個体乳量を把握
    簡易乳量表示、搾乳時間表示により、適切な個体管理が可能となります。搾乳終了時には、音と光で知らせます。
スーパーラインミルカー®バリュープラス

真空2系統搾乳

真空2系統搾乳で、速やかに、確実に搾り切りを実現

2種類の真空度を使うオリジナル搾乳方式

真空2系統搾乳は、乳頭にかかる搾乳真空(低真空)と搾った ミルクを運ぶ送乳真空(高真空)の2種類の真空度を使うオリオン独自の搾乳方式です。ハイラインパイプミルカーでは、搾ったミルクをミルクラインに持ち上げるために 圧力損失が発生し、ミルククロー内の搾乳真空度が不安定でした。そこで、オリオンではミルククロー内で搾乳真空(低真空)と送乳真空(高真空)を分け、ミルキングパーラー(ローライン)のような安定した搾乳真空をハイラインで実現しました。

クロー内真空度を一定に保つスタビライザー 2層構造クロー

設定搾乳真空度よりクロー内真空度が変動すると、クローダイヤフラムが上下運動し、クロー内真空度を一定に保ちます。(スタビライト機構、右記グラフデータ参照)安定したクロー内真空度と送乳専用の高真空度が毎分8Lの高い処理能力を実現したオリオン独自の技術です。

クロー内真空度を一定に保つスタビライザー2層構造クロー

システムイメージ

真空2系統搾乳イメージ図


高品質乳生産に貢献するエコウォッシュ洗浄

環境に優しく、さらに経済的です

ミネラルの付着を防止する酸リンス方式を採用。さらにアルカリ洗浄後の掛けすすぎにより酸リンス剤の中和をなくし、安全性と酸リンスの洗浄効果を高めたエコウォッシュシステムに加え、さらに洗浄時間の短縮を実現しました。

環境に優しく、さらに経済的です

  • 酸リンス剤は専用洗剤を使用(標準使用濃度0.2%)。酸リンス剤はぬるま湯洗浄のため、従来の熱湯洗浄に比べ、ランニングコストを35%低減することができます。
  • 酸リンス後に酸リンスの雰囲気を配管内などに残すことで、バクテリアの増殖を抑制します。
  • 次工程給水給湯時間に排水を行うことで排水工程を短縮するなど、洗浄時間を15分以上短縮することができました。

トリプル洗浄方式です

トリプル洗浄方式は、殺菌・アルカリ・酸リンスという3つの洗浄サイクルを確立することによって清潔さを保ち細菌の発生を抑えるシステムです。

  1. まず搾乳前に殺菌剤によって除菌を行います。
  2. 搾乳後にはぬるま湯で牛乳成分を洗い流し、アルカリ洗剤で乳脂肪・タンパクを除去します。
  3. さらにアルカリ洗浄でも取り除けない無機質成分は酸リンスによって除去、付着を防止。原乳の持ち味を損なうことなく良質乳の生産に貢献します。

トリプル洗浄方式です

機能を向上し、さらに使い易くなりました

  • 搾乳、洗浄、殺菌、残乳回収の運転時間を表示します。
  • 3回搾乳に対応し、殺菌タイマーを3回分設定可能にしました。
  • 各種警報・アワーメータの標準装備等により、メンテナンス性を向上します。
  • 洗浄温度を記憶します。

洗浄性を向上し、さらに効果的です

洗浄に必要な「洗浄スラグ流」をミルクライン内で形成することにより、確実で効果的な洗浄を行ないます。


洗剤自動供給装置 CAS250

洗剤の効果的使用をサポート

  • 全自動洗剤供給システム
    洗浄プログラムで洗浄槽へ各洗剤を時間制御で供給。搾乳前の殺菌洗浄もタイマー設定により時刻設定が可能。
  • 洗剤投下遅延機能付
    洗剤を均等に希釈するよう洗剤投入のタイミングをコントロール。
  • 定量供給
    気温の変化によらず一年を通して定量供給できる温度補正機能。
  • コンパクト
    新洗剤供給方式(ポンプ単独運転・直接供給)の採用により小型化。(当社比50%)
洗剤自動供給装置 CAS250

洗剤自動供給装置 CAS250仕様

制御方法 パイプミルカー制御装置(バリュープラス)による入力
洗剤供給方法 チューブポンプによる自動供給(各ポンプ単独運転)
洗剤量制御 チューブポンプ運転時間制御による
洗剤吐出量 平均吐出量250mL/min

電子制御装置
スーパーラインバリュープラスNEXT

プログラマブルコントローラを搭載。電子制御により搾乳・洗浄プログラムを適切にコントロールします。

スーパーラインバリュープラスNEXT

スラグ流形成のエアーインジェクタ

洗浄中にミルクパイプ内にエアーを入れることにより洗浄液のスラグ流を形成します。この洗浄スラグ流が、ブラッシングの要領でパイプ内を効果的に洗浄します。

スラグ流形成のエアーインジェクタ

毎回の搾乳ごとに個体乳量を把握

簡易乳量表示機能により、搾乳ごとの個体乳量が把握できます。 個体ごとの乳量情報を知ることでより適切な管理が可能となります。搾乳が終わりに近づくと“音と光”で知らせる搾乳終了警報機能がついていますので、効率的な搾乳作業が実現でき、過搾乳予防に役立ちます。またオートリムーバー(自動離脱装置)へのグレードアップもできます。

個体乳量把握の動作フロー

  1. 開始スイッチON、ユニット装着。
  2. ミルクが流れ始めると乳量計測(時間計測)が自動スタート。
  3. 初期遅延時間。(1分間は警報が出ない)
  4. 搾乳末期、流量が減少し、予備警報が出る。
  5. 流量が増加した場合、予備警報が止まる。
  6. 再び流量が減少し、予備警報が出る。
  7. さらに流量が減少し、最終警報・ユニット自動離脱となる。
個体乳量把握の動作フロー


乳量測定+データ測定 +搾乳終了警報・自動離脱

全量測定による乳量測定により、更に正確な個体乳量が把握できます。(ICAR認証取得)

また、乳温・電気伝導度といったデータも収集しているため、より適切な飼養管理が可能となります。“音と光”で知らせる搾乳終了警報・ 自動離脱は標準装備です。

乳量測定+データ測定 +搾乳終了警報・自動離脱

ミルクメーターデタッチャー



受乳装置 PMH51SJ・PMH64SJ・PMH76SJ(特注)

  1. ステンレス製のサニタリートラップ
    真空配管からの異物がレシーバージャー内に入ることを防ぎます。またミルクや洗浄液が流入すると、フロートスイッチが働き真空ポンプを停止し、真空ポンプ本体を保護します。洗浄液噴射ノズルで内面を洗浄し、つねに清潔です。
  2. ワンタッチ操作のツインロック
    サニタリートラップの洗浄回路と搾乳回路の切り替えをワンタッチで行えます。
  3. 大容量75Lのレシーバージャー
    耐久性に優れたステンレス性のレシーバージャーです。洗浄液が届きにくい内面上部には洗浄液噴射ノズルを使用し洗い残しをなくしました。
  4. 高濾過性を実現したインラインフィルタ
    レシーバージャーからバルククーラーに送られるミルクを濾過し、ゴミや不純物が入らないよう取り除きます。 ※受乳装置とは別売りです。
  5. 自動排水のオートドレン
    レシーバージャーからインラインフィルタ、ミルクポンプなどに溜まったミルクや洗浄液を自動排水します。※受乳装置とは別売りです。
受乳装置 PMH64SJ

衛生的な素材使用

衛生的な素材使用
内部のパッキンを合成ゴム製から劣化しにくいシリコーンゴム製に変更しました。

スーパーラインミルカー「バリュープラスNEXT」標準仕様
型式 PMH51SJ PMH64SJ PMH76SJ(特注)
ミルクパイプ 材質:ステンレス(SUS304)
サイズ:2インチ サイズ:2.5インチ サイズ:3インチ
真空パイプ 材質:硬質塩ビ
サイズ:VP50またはVP75 サイズ:VP75
適用パルセータ エアーパルセータまたは電磁パルセータ 電磁パルセータ
設定真空度 ミルクライン:60kPa、パルセータライン:40~44kPa、 ※1kPa=0.75cmHg
制御装置 プログラマブルコントローラ/電源:単相100V 3A
洗浄方式 プログラマブルコントローラによる自動制御
洗浄:すすぎ→アルカリ洗浄→すすぎ→酸リンス 殺菌:殺菌
洗浄槽 材質:ステンレス(SUS304)
容量6ユニット用:110L / 8ユニット用:130L / 10ユニット用:160L
送乳方式 ミルクポンプ方式(三相200V、750W)


パイプミルカー® PMH51S-D

パイプミルカー® PMH51S-D

速やかに、しかも確実に搾り切りを実現する真空2系統搾乳

「真空2系統搾乳」とは、乳頭にかかる搾乳真空(低真空)と、搾ったミルクを運ぶ送乳真空(高真空)の2種類の真空度を使うオリオン独自の搾乳方式です。ハイラインパイプミルカーでは、搾ったミルクをミルクラインへ持ち上げるため、このエネルギーが圧力損失となります。そのため、真空1系統ミルカーではミルククロー内の搾乳真空が不安定でした。
そこでオリオンではミルククロー内に調圧機構を組み込みました。搾乳真空(低真空)と送乳真空(高真空)を分け、つねに最適となるようコントロール。ミルキングパーラー(ローライン)のような安定した搾乳真空をハイラインで実現しました。速やかに、しかも確実に搾り切ります。

パイプミルカーPMH51S-D標準仕様
ミルクパイプ 材質:ステンレス(SUS304) サイズ:2インチ
真空パイプ 材質:硬質塩ビまたは鋼管
サイズ:真空発生装置~受乳装置VP50、牛舎内VP50またはSGP(白)2インチ
真空度 ミルクライン:60kPa
パルセータライン:40~47kPa
電源 単相100V
洗浄方式 全自動方式 プログラムカム制御
洗浄工程 1. 予備洗浄:搾乳前に行う殺菌洗浄(水)
2. 洗浄:すすぎ(水)→洗浄液自動循環(湯)→すすぎ(水)
洗浄槽 材質:FRP 容量:4ユニット用60L
送乳方式 ミルクポンプ方式(三相200V、400W)

※ 1kPa=0.75cmHg


ミルクアイ® OEA800C 搾乳終了警報装置 OCR2000B 自動離脱装置

ミルクアイ® OEA800C 搾乳終了警報装置 OCR2000B 自動離脱装置

ミルクアイは、搾乳終了警報装置です。
個体ごとの簡易乳量を測定することにより、理想的な飼養管理を実現

  1. 小型、軽量で持ち運びが容易。
  2. インライン型センサーにより、ミルクの流れがスムーズ。
  3. 搾乳終了を“光と音”でお知らせ。過搾乳予防、作業効率を向上。
  4. 簡易乳量・搾乳時間が表示され、個体管理が容易。
  5. 自動離脱装置(OCR2000B)とのセットでグレードアップ可能。
  6. 離脱/警報タイミングを0.1〜1.8kg/minで設定可能。
  7. クロー内で真空カットするため残存真空による乳頭への負担を軽減。


メンテナンス容易なリキッドパワーパルセータ

メンテナンス容易なリキッドパワーパルセータ

液体式の制御部は完全密閉式ですので、湿気やホコリの影響を受けにくく、正確な拍動を保ちます。また、エアーパルセータですのでメンテナンスが容易です。

※ 真空1系統用のミルクアイも用意しています。
    搾乳終了警報装置 OEA900/オートリムーバー OCR3000


ミルクアイ標準仕様
型式 搾乳終了警報装置 オートリムーバー(自動離脱装置)
OEA800C OEA800C-G5 OCR2000B OCR2000B-G
ミルカー 真空2系統ハイラインミルカー 2インチミルクパイプ
制御部 センサー インラインセンサー
操作スイッチ [自動/手動][離脱/解除][開始]
モード表示 自動/手動(黄色LED) 離脱/解除(黄色LED)
乳量表示※ 0~99.8kg(0.2kg単位)
合計乳量表示※ 0~9,999.8kg(2段階交互表示)
警報表示 赤色LED:流量により2段階の点滅表示
警報ブザー 圧電ブザー:流量により2段階の断続音
駆動部 真空切換弁 - DC5V、3方電磁弁パイロット方式
真空カット - 真空2系統搾乳用
ミルククロー調圧弁制御方式
真空シリンダ - VU65 塩ビパイプ
動滑車方式ストローク900mm
エアーパルセータ
拍動回数/比率
53回/分47kPa時/(前)53:47(後)60:40
電源/充電器 Ni-MHバッテリーパック、DC4.8V 600mAh/入力AC100V、出力DC5.6V、150mA
質量 0.5kg
(パルセータ、ミルカーユニットを除く)
2kg
(パルセータ、ミルカーユニットを除く)
  • ※計量精度は、±10%です。但し、バルククーラー合乳量を基準にした計量精度です。本機1台毎の計量精度では、±10%を越える場合があります。
  • ※実乳量により近い値を表示するためには、酪農家毎に購入時及び定期的に校正が必要です。
  • ※本機は簡易乳量表示器です。
  • ※オートリムーバー、搾乳終了警報装置は、2系統PMH-51Sシリーズ(クロー減圧器仕様を除く)に使用可能です。
  • ※OEA800C、OCR2000B…PMH-51S-C、D用OEA800C-G5、OCR2000B-G5…PMH-51S-A、B用
  • ※1kPa=0.75cmHg

搾乳ユニット搬送装置 ユニットキャリー®UCR75

女性でも楽に搾乳作業ができます。

牛舎の天井に張り巡らせたキャリーレールに搾乳ユニットを吊り下げて移動させますので、持ち運びの労力を軽減し、腕や手首、腰などに負担をかけません。

搾乳時の重労働を大幅に軽減

搾乳ユニットの持ち運びが楽々。 しかも、レールの切り返しがないのでユニットの移動がスムーズ。

簡単取付け、メンテナンス容易

シンプル構造ですから、既存の牛舎にも簡単に取付けでき、メンテナンスも容易です。

直接処理室から移動

ミルクラインの下を通るレールで、ユニットが直接処理室から移動できます。

既存牛舎にも取付OK

搾乳ユニット搬送装置 ユニットキャリー®UCR75

関連製品ページはこちら