コンプレッサドレンを水分と油分に分離するドレンマスター®(圧縮空気ドレン処理機)

ドレン処理機 ドレンマスター® OWD

ドレン処理機 ドレンマスター® OWD
OWD10

中型 OWD10 / 寒冷地仕様 OWD10-H

水質汚濁防止法の排水基準をクリアーし、ドレン処理費用の大幅な節約が可能


  • 処理濃度 5mg/L以下(ヘキサン抽出物質)
  • 適応コンプレッサ スクリュー型37kW以下

特長

  1. 無電源、軽量、省スペース(従来機比50%)
    本体電源不要
    ランニングコスト5.3円/L
  2. 吸着材の交換が簡単
    吸着材は容器ごと交換し、工場へ返送。ユーザー様での廃棄物を少量化。
  3. 寒冷地仕様をラインアップ (OWD10-H)
    気温が-10℃でもドレンが凍結せず処理が可能です。

仕様

OWD10 OWD10-H
処理方法 集合ドレン処理用
適用コンプレッサ(目安) スクリュー型、レシプロ型37kW以下
適用オイル コンプレッサー潤滑油(鉱物油、合成油)
使用周囲温度範囲 2~40 -10~40
使用圧力範囲 MPa 0.29~0.98
性能 年間平均処理量 L/Hr 10
処理水油分濃度 mg/L 5以下(ヘキサン抽出物質)
総処理量 ※1 L 18000
入口条件 ドレン原水圧力 0.98MPa以下の圧縮空気ドレン
原水油分濃度上限 mg/L 500以下
ドレン原水温度範囲 2~40
電気特性 電源(50/60Hz) V - 単相200
消費電力 W - 146
定格電流 A - 0.73
外形寸法(W×D×H) mm 413×334×1175
製品重量(乾燥状態) kg 36 37
ドレン入口 B Rc1/2
処理水出口 B Rc1/4
適用圧送ドレントラップ ※2 電磁式/ディスク式
※1 年間平均油分濃度125mg/L時の処理水量。(理論値)
※2 これは推奨機種です。詳細は、ご相談ください。

コンプレッサドレンを水分と油分に分離するドレンマスター®(圧縮空気ドレン処理装置)

ドレン処理装置 ドレンマスター® OWC/OWM

中型 OWC75・150 / 大型 OWM30~160 / 寒冷地仕様 OWC75-H・150-H

水質汚濁防止法の排水基準をクリアーし、ドレン処理費用の大幅な節減が可能

ドレン処理機 ドレンマスター® OWC/OWM

OWC75

OWM30


  • 処理濃度 5mg/L以下(ヘキサン抽出物質)
  • 適応コンプレッサ スクリュー型720kW以下

特長

OWCシリーズ

  1. 高性能吸着材を採用
    スクリュー型、レシプロ型コンプレッサを問わず、鉱物油・合成油のエマルジョン(乳化油)を清水に処理します。 (ヘキサン抽出物質5mg/L以下)
  2. 新分離技術の採用
    ●帯電除去→バブリング疑集→吸着
    ●中圧コンプレッサのドレンも処理できます。
  3. 省エネ運転
    従来機比75~81%減。
  4. 吸着材の交換が簡単
    ●カートリッジ化のため、現地で簡単に交換できます。
  5. 処理量積算計及びアラーム表示機能を標準装備
    ●ドレン処理量がデジタル積算表示されるため、吸着材交換時期の予測が容易です。
    ●各種アラームが表示されます。
  6. 寒冷地仕様機種をラインアップ (OWC75-H・150-H)
    気温が-10℃でもドレンが凍結せず運転できます。

OWMシリーズ

  1. 無電源の省エネタイプ
    電気的な駆動部がないため、屋外設置可能。(寒冷地仕様は除く)
  2. 大容量分離槽と吸着槽が一体のコンパクト設計
    分離槽と吸着槽が一体組み込みのため、据え付けが容易。
  3. 吸着材の交換が現地で可能
  4. 寒冷地仕様を特注品対応にて製作

仕様

OWC75・150(中型)、OWC75-H・150-H(寒冷地仕様)
OWC75 OWC75-H OWC150 OWC150-H
年間平均処理量 L/h 8 16
総処理量 ※1 L 29,000 58,000
処理濃度 mg/L 5以下(ヘキサン抽出物質)
適応コンプレッサ スクリュー型、レシプロ型75kW以下 スクリュー型、レシプロ型150kW以下
適応オイル 鉱物油、合成油
使用周囲温度範囲 2~40 -10~40 2~40 -10~40
据え付け場所 屋内および雨水等のかからない場所
入口条件 処理液 圧力1.57MPa以下の圧縮空気ドレン
処理液濃度 mg/L 300以下(ヘキサン抽出物質)
温度範囲 2~40
電気特性 電源(50/60Hz) V 単相200 三相200 単相200 三相200
消費電力 W 16 616 16 616
定格電流 A 0.08 1.70 0.08 1.70
装置細目 吸着槽 前処理槽 高性能吸着材による吸着方式
後処理槽 高性能吸着材による吸着方式
圧送ユニット 方式 空気圧送方式(処理量積算計付)
使用量 L/min 0.5 1.0
ドレン供給方式 ポンプ、オートドレントラップ、自然落差
ヒータユニット - 温風循環方式 - 温風循環方式
外形寸法(幅×奥行×高さ) mm 900×600×1200 1200×600×1200
質量 kg 100 120 150 170
ドレン入口 B Rc1/2
処理水出口 B Rc1/2
圧縮空気入口 B Rc1/4
注) 吸着材の寿命は、コンプレッサオイルの種類およびドレンの性状によって左右されます。
※1 総処理量は、年間平均油分濃度を150mg/Lとし、MAX300mg/Lとした時の理論値です。
※適用コンプレッサ潤滑油の詳細については、別途ご相談願います。
※性能保証値については別途お問い合わせください。
※冬期据え付け場所が2℃以下になる場合は、寒冷地仕様のH型を使用してください。
※運転には圧縮空気が必要です。供給圧縮空気はエアードライヤー、フィルター等で処理された清浄空気を使用してください。
※上記以外の仕様も製作いたしますので、別途ご用命ください。
※適応コンプレッサは目安です。
OWM30・60・90・160(大型)
OWM30 OWM60 OWM90 OWM160
年間平均処理量 L/h 24 48 72 110
総処理量 ※1 m3 150 225 375 675
処理濃度 mg/L 5以下(ヘキサン抽出物質)
適応コンプレッサ(スクリュー型) ※2 kW 150以下 300以下 360以下 720以下
適応オイル コンプレッサ潤滑油(鉱物油) ※合成油についてはご相談ください。
使用周囲温度範囲 2~40
入口条件 処理液 圧縮空気ドレン
吸着槽入口水質 mg/L 150以下(ヘキサン抽出物質)
処理水温度 5~40
装置細目 分離槽 重力式分離(液面計及び点検蓋付)
ろ過槽 フィルタろ過方式
吸着槽 吸着方式
ドレン供給方式 ポンプ、オートドレントラップ、自然落差
外形寸法(幅×奥行×高さ) mm 1359×559×2065 1909×709×2065 2209×809×2165 2049×1009×2215
質量 kg 610(運転時:1230) 880(運転時:2150) 1270(運転時:3060) 1770(運転時:4250)
ドレン入口 B Rc3/4 Rc1 Rp1
処理水出口
注) 吸着材の寿命は、コンプレッサオイルの種類およびドレンの性状によって左右されます。
※1 総処理量は、年間平均油分濃度を150mg/Lとし、MAX300mg/Lとした時の理論値です。
※2 レシプロ型はご相談ください。適応コンプレッサは周囲温度23℃、湿度70%条件時です。
※性能保証値については別途お問い合わせください。
※冬期据え付け場所が2℃以下になる場合は、寒冷地仕様(特注対応)を使用してください。
※機種選定時は、年間平均処理量を重視し、適応コンプレッサは目安としてください。
※上記以外の仕様も製作いたしますので、別途ご用命ください。

ドレン処理装置の必要性

  1. 法律
    水質汚濁防止法で、未処理の圧縮空気ドレンの放流は禁止されています。
  2. 基準値
    放流できる圧縮空気ドレン水は、油分濃度(ヘキサン抽出物質含有量)が全国基準値5mg/L以下です。
  3. 濃度
    スクリューコンプレッサのドレン油分濃度は、一般的に30~50mg/Lあります。

ドレンマスター導入のメリット

ドレン処理費用(経費)の大幅な節減になります。
1日100Lドレン処理を全て産業廃棄物業者に依頼した費用と、ドレンマスターランニング費用との差額メリットは、下記のようになります。
産業廃棄物処理費用 25円/L×100L/日×20日/月×12ヶ月
=600,000円/年
ドレンマスター
ランニング費用
2.7円/L×100L/日×20日/月×12ヶ月
=64,800円/年
差額メリット 535,200円/年
※産業廃棄物処理費用25円/L、ドレンマスターランニング費用(吸着材消耗部品代)2.7円/L(OWC型、油分濃度150mg/L時)として計算。

ドレン最大発生量(L/h)

ドレン最大発生量は下記の計算でお求めください。
コンプレッサ吐出空気量(m3/min) × 60 × { (吸込空気の水分量(g/m3)) - (除湿空気中の水分量(g/m3)) } × 1
1000

条件

  • コンプレッサ吐出空気量:大気圧換算
  • 吸込空気の水分量:設置場所の夏季条件(温度30℃、相対湿度70%では21.2g/m3)
  • 除湿空気中の水分量:圧力0.69MPa、露点10℃時の飽和水分1.37g/m3
  • 夏季のドレン量に対し、春・秋は約1/2、冬は約1/3となります。