エアードライヤーの豆知識
その1、圧縮空気は

コンプレッサは水蒸気、ゴミ、ホコリと共に大気を圧縮します。
エアーコンプレッサで 0.69MPaに圧縮された空気は、体積が1/8になります。
よって、水分、ゴミ、ホコリ、油分なども、大気の約 8倍の濃度で含有しています。

その2、トラブルの原因

水分等の不純物が混入した圧縮空気を使用すると、機器の作動トラブル等の原因になる為、エアードライヤーやフィルターで、水分やホコリ等を除去する必要があります。

 
その3、圧縮空気の除湿方法

氷水が入った冷たいグラスの周りに、水滴がつくのは何故でしょうか。
周りの空気がグラスに入った氷水で冷やされ、結露しているからです。
この原理と同様に、冷凍式ドライヤーは熱交換器内で圧縮空気を冷却し、結露させ除湿します。

結露による水蒸気の除湿