圧縮空気をつなぐだけで-40℃の超低温領域を実現(超低温空気発生器)

圧縮空気冷却装置 スパイラルクーラー KSC

圧縮空気冷却装置 スパイラルクーラー KSC
KSC750A、KSC450A

KSC200A / 450A / 750A


  • 圧縮空気(乾燥空気)
  • 空気消費量 100~1050L/min
  • 使用圧力範囲 0.2~0.7MPa
こちらの製品はウェブ販売店からもお買い求めいただけます。 ウェブ販売店

特長

  1. 電源は一切不要
  2. 冷気の吐出温度と風量の調節ができるバリアブル型を採用
    被冷却物、作業の諸条件に応じて最適な冷気の温度と吐出量の組合せを得ることができます。
  3. 長寿命

用途例

スパイラルクーラー使用例

電磁弁制御により御盤内を
一定温度に保持

金属切削加工時の
チップの冷却

ミーリング・タッピング・リーマー
加工時の刃先の冷却

電子部品などのハンダ工程に
おける急速冷却

プラスチック成型部品
などの冷却

工業用カメラの冷却

  • ハンダの急速冷却
  • プラスチック加工時の冷却
  • 制御ボックスの冷却
  • 監視カメラの曇り止め
  • ミシン針の冷却
  • スポット溶接機の冷却
  • 電線切断時の硬度強化
  • 樹脂成型品の冷却

仕様

KSC 200A 450A 750A
使用流体 圧縮空気(乾燥空気)
使用圧力範囲 MPa 0.2~0.7
空気消費量 L/min 100~279 225~600 375~1050
最大降下温度 ※ 41.5 43 45
最低冷気温度 ※ -26.5 -28 -35
質量 g 250 450 850
※入気温度15℃、圧力0.49MPa時の値。
※入口空気露点<冷風空気温度。
※空気消費量はANR(20℃大気圧、65%)に換算した値です。
※空気消費量は、圧力により異なる製品全体で消費する空気量です。(出口空気量ではありません)