低温槽最大60%省エネ

お問い合わせ
オリオン機械/温度検査装置
  • 製品情報
  • 技術情報
  • カタログダウンロード/資料請求
  • お問い合わせ
トップページ > 温度試験装置 > 低温槽最大60%省エネ

低温槽最大60%省エネ

業界初!
ヒートポンプバランス®制御搭載により低温槽から電気ヒータを完全排除!
最大60%省エネを実現 !

従来の低温槽はヒータPID制御に代表されるように、加熱・制御に電気ヒータを使用するため消費電力が大きいという欠点がありました。オリオン温度試験装置・温度検査装置の低温槽は、完全ヒータレス化によりヒータPID制御とは比較にならない大幅な省エネを実現しました。

  • +40℃への昇温時、最大60%の省エネ可能。(昇温能力は電気ヒータと同等です)
  • -40℃で温度制御用加熱ヒータを使わないため7~23%の省エネを実現。
運転データ
運転状況 消費電力 省エネ効果
従来方式
(冷凍機+加熱ヒータ)
ヒータレス低温槽
(冷凍機)
設定温度+40℃へ昇温 12.5kW 5.0kW 60%
設定温度-40℃で運転 4.3~5.2kW 4.0kW 7~23%
※加熱ヒータの消費電力は運転状況によって異なります。

ヒートポンプバランス®制御とは

設定温度に昇温させる時、通常の電気ヒータで加熱昇温させますが、空気を冷却する際に発生する排熱を利用して再加熱をおこなうため、電気ヒータの入力分が不要となり、大幅な省エネ効果を実現しました。
常に無駄のない熱移動を可能とした、省エネで高精度を両立した最新テクノロジーの低温槽です。

※詳しくはオリオン精密空調機サイト≪製品トピックス≫