ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

お問い合わせ
オリオン機械/温度検査装置
  • 製品情報
  • 技術情報
  • カタログダウンロード/資料請求
  • お問い合わせ
トップページ > 温度試験装置 > ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

検査機付きの高機能恒温槽

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H
作業性を向上した新型ターンテーブル型温度試験装置です。
  • 恒温槽内のターンテーブルが1回転する間に、ワークを所定の温度に到達させます。
  • ターンテーブルの段数や分割数はお客様のご要望に合わせ製作いたします。

試験体にあわせて、テーブル部と検査部を製作いたします。
温度検査の自動化による省人化、スループット向上と省スペース化の実現に貢献します。

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

業界初 冷凍回路の大幅な省エネを実現

低温専用型にはヒートポンプバランス制御(排熱利用型)を搭載

低温槽従来比最大60%省エネ
ヒータ制御と比較し、最大で約60%の省エネを達成。

従来の低温槽は冷凍機で冷やし電気ヒータで温度を安定制御する方法が一般的でした。
当社が独自に開発したヒートポンプバランス制御※1は、冷凍機の排熱を利用し温度制御用ヒータを無くすことにより大幅な省エネを実現した理想的な温度制御システムです。
30℃以下の低温槽には、このヒートポンプバランス制御を採用し、業界最大の省エネを実現しました。

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

※1 ヒートポンプバランス制御とは、1台のエアコンで冷房と暖房を同時に運転しているようなもので、そのバランスの高度なコントロールにより温度制御を行います。 常に無駄のない熱移動を可能とした新しい制御方式であり、電気ヒータレスでも高度な制御技術により省エネと高精度運転を両立した最新のテクノロジーです。
※ヒートポンプバランス®は当社の登録商標です。

お客様の試験環境に合わせ円滑な試験を実現

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

テーブル部のカスタマイズ

検査精度を向上させるため、お客様のワークに合わせて槽内のテーブルを製作いたします。

ワークコンタクト部カスタム対応

ワークコンタクト部はプローブピン、コネクタなどお客様の製品に合わせた対応をいたします。 また、信頼性の高い駆動部を槽外に配置しました。

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

槽内温度を逃がさない引出し式

引出し式ワーク搭載部

槽内の温度変化を極力抑えるため、また、ワークを正確に配置するために、ワーク搭載部引出し方式を採用。 作業扉と連動してワーク搭載部がスライドします。

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

過酷な試験状況下でも高い安定性を実現

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

槽内の結露問題を解決

低温槽には当社のノンフロン・低パージのヒートレスドライヤーを搭載。 長時間の運転が可能です。 吸着剤交換時期はパネルでお知らせします。

用途例(車載用電子制御基板例)

  • エンジン制御基板
  • トランスミッション制御
  • スキッド制御
  • サスペンション制御
  • パワーステアリング
  • エアーバッグシステム
  • アンチロックブレーキシステム
  • 車間距離維持システム
  • カーナビゲーションシステム
  • キーレスエントリー・ドアロックシステム

仕様表

ターンテーブル型恒温槽自動検査機構付EST-H

温度さらし専用モデルもラインアップ