冷水に関して

使用できる冷水の基準

使用する液体(冷水)は、清水(下表の水質基準)および 30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液を推奨します。
但し、30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液をご使用の場合、冷却能力が 10% 程度低下する為、ご注意願います。
また、純水の場合は、電気伝導率を 1μ S/cm 以上としてください。指定外の液体を使用すると製品が破損し、液体が漏れ、感電・漏電の原因となります。

基準値
基準項目 PH(25℃) 6.8 ~ 8.0
導電率 (μ S/cm)(25℃) 1 ~ 400
塩化物イオン (mgCI-/L) 50 以下
硫酸イオン (mgSO4²-/L) 50 以下
酸消費量 (pH4.8)(mgCaCO3/L) 50 以下
全硬度 (mgCaCO3/L) 70 以下
カルシウム硬度 (mgCaCO3/L) 50 以下
イオン状シリカ (mgSiO2/L) 30 以下
参考項目 鉄 (mgFe/L) 1.0 以下
銅 (mgCu/L) 1.0 以下
硫化物イオン (mgS²-/L) 検出されないこと
アンモニウムイオン (mgNH4+/L) 1.0 以下
残留塩素 (mgCI/L) 0.3 以下
遊離炭酸 (mgCO2/L) 4.0 以下

* … 日本冷凍空調工業会 JRA-GL-02-1994 より抜粋

冷却水の使用に関して

冷却水の選定

水冷凝縮器用冷却水として一般に地下水、水道水、クーリングタワーの使用が考えられますが、下記の水質基準を参考にしていただき十分注意して選定してください。

水質基準目安

一次冷却水(冷凍機製品の凝縮器用冷却水、水用温調器の恒温循環水、加湿用純水)は下図の水質基準を目安に使用してください。

一次冷却水水質基準値

  1. 水冷式装置において一次冷却水に水道水以外をご使用の場合は、下記水質基準内の水を使用してください。
  2. 傾向欄内の○印は腐食またはスケール生成傾向のいずれかに関係する因子であることを示します。
  3. 下記15項目は腐食及びスケール障害の代表的な因子を示したものです。
項目 冷却水系 傾向
循環水 補給水 腐食 スケール生成
基準項目 PH(25℃) 6.5 ~ 8.2 6.0 ~ 8.0
導電率 (μ S/cm) (25℃) 800 以下 300 以下
塩化物イオン (mgCI-/L) 200 以下 50 以下  
硫酸イオン (mgSO4²-/L) 200 以下 50 以下  
酸消費量 (pH4.8) (mgCaCO3/L) 100 以下 50 以下  
全硬度 (mgCaCO3/L) 200 以下 70 以下  
カルシウム硬度 (mgCaCO3/L) 150 以下 50 以下  
イオン状シリカ (mgSiO2/L) 50 以下 30 以下  
参考項目 鉄 (mgFe/L) 1.0 以下 0.3 以下
銅 (mgCu/L) 0.3 以下 0.1 以下  
硫化物イオン (mgS²-/L) 検出されないこと 検出されないこと  
アンモニウムイオン (mgNH4+/L) 1.0 以下 0.1 以下  
残留塩素 (mgCI/L) 0.3 以下 0.3 以下  
遊離炭酸(mgCO2/L) 4.0 以下 4.0 以下  
安定度指数 6.0 ~ 7.0 -

* 日本冷凍空調工業会 JRA-GL-02-1994 より抜粋

製品情報

水質基準について

サポート

チラー 豆知識