大型 DC インバータチラー

オリオンの DC インバータドライバと専用コントローラにより、業界トップクラスの省エネを実現!

  • 冷却能力(50/60Hz):12.2 ~ 48.0kW(空冷)
  • 冷却能力(50/60Hz):14.1 ~ 48.0kW(水冷)
  • 使用周囲温度範囲:-20 ~ 45℃(空冷)
    2 ~ 45℃(水冷)
  • 使用液温度範囲:3 ~ 35℃
  • 温度制御精度:±0.1℃

TESC(テスク)搭載!
スリー エコ スピード コントロール
必要最小限のエコ運転を実現!

冷凍機スピードコントロール
DC インバータドライバが最適運転の自動判断

ファンスピードコントロール
インバータによる最適運転の自動判断

ポンプスピードコントロール
必要な流量の最小回転数、無駄な送水を抑える

右記の通り、負荷率の変化に伴い消費電力割合も変化します。RKE-B シリーズは TESC 搭載により、従来機より更に消費電力を低減できます。

オリオンチラー RKE3750B-V-G1 と RKE110000B-V-G2 業界トップクラスの省エネ性能を実現、Three Eco Speed Control TESC

使用周囲温度範囲のワイド化

夏は 50℃(オプション選択必要)まで耐えられる過酷条件仕様としました。熱風のたまりやすい工場内でも最大のパフォーマンスを発揮します。さらに、冬は -20℃ まで OK(空冷のみ)となりましたので、寒いエリアでも安心して屋外設置が可能です。

-15℃ 拡大、+7℃ 拡大

RKE15000B-V(W) を除く

仕様温度範囲(液温)ワイド化

仕様温度範囲(液温)を 3℃ ~ 35℃ と低温域をさらに広げました。
※ 不凍液を使用することで 0℃ まで使用できます。

使用周囲温度ワイド化、

ポンプもインバータ化

冷凍回路だけでなく、送水回路でも省エネに貢献します。

従来機
必要のない冷水はバイパスバルブでタンクにもどしていました。
従来機は、常に 100% 運転で、バイパスバルブでタンクに戻していました。
RKE-B シリーズ
パイパスバルブを調整しなくても、インバータで必要な流量だけ流すので無駄がなくなりました。また、用途に応じた圧力設定も可能になりました。
必要流量だけ流すので、無駄がなくなりました

インテリジェントタッチパネル

各種設定や運転状況が視覚的・感覚的に画面にタッチする事で操作・確認出来ます。
また、英語・中国語への切替えも可能です。

インテリジェントタッチパネルは、各種設定や運転状況が視覚的・感覚的に画面にタッチすることで操作・確認ができます。

グラフ表示

「測定液温」にタッチするとグラフ表示に切替わり、一定時間(最大 53 時間)の液温変化を表示できるため、液温の管理ができます。

運転割合(パワーインジケータ)

圧縮機の運転状況を 10 段階で表示し、省エネ度が一目で分かります。「運転割合」にタッチするとモニタ表示に切替わり、現状の運転状況を確認できます。

測定圧力

「測定圧力」にタッチすると、簡単に流量設定変更ができます。
流量は冷水出口圧力からポンプ特性により換算した値(参考値)

メニュー

「Menu」をタッチすると、各種パラメータ・警報履歴・主要部品・積算時間・タイマ機能などを簡単に設定・確認ができます。

タイマ設定

起動時刻の「0:00:00」にタッチすると指定時刻での停止・起動が設定可能です。リピート動作・曜日選択も設定可能です。

イージーメンテナンス/警報表示

警報が発生すると警報番号が表示されます。
「詳細」にタッチすることにより、警報内容と対処方法を確認することができます。

言語表示切替えも可能

英文(English)
中国語(中文)

ポンプ制御方法の選択が可能

圧送ポンプの周波数設定より、目安流量基準に合わせた流量設定または圧送ポンプの圧力設定が可能となりました。
負荷に対する最適流量または圧力が設定可能です。

ポンプ制御方法の選択、運転状態表示と運転操作ボタンです
運転状態表示 運転操作ボタン

表示流量は計算値となります。
実際の流量とは異なる場合があります。

ポンプ制御方法の選択、運転状態表示と運転操作ボタンです 設定変更 圧送ポンプ制御方法選択

便利な機能いろいろ

省スペース
設置面積比 -27%
体積比 -31%
浸漬式ポンプの採用とタンク・ポンプ・熱交換器の最適レイアウトにより一体化に成功。
大幅な省スペース化が実現しました。
大幅な省スペース化を実施比較
従来機 RKE7500A-V との比較
屋外設置防滴構造 (IPX4 相当)
直接雨があたっても安心の屋外設置が可能な構造です。
直射日光、強風 (8m/s 以上)、積雪および凍結に対する配慮は必要になります。
IPX4 とは… 水の侵入に関する等級のことで「いかなる方向から約 10L/min の水量で飛沫しても有害な影響を受けない」程度の等級です。
温度精度 ±0.1℃
インバータ圧縮機が負荷変動に応じリニアに追従することにより、最小エネルギーで高精度制御を実現しました。シビアな温度管理で高精度な運転を要求される様々な用途に対応可能です。
低音・静音設計
冷凍サイクル最適化制御運転により、ファンをインバータで理想的な回転数に制御。大幅な低運転音を実現しました。
運転音は正面 1m、高さ 1m での測定値です。
40dBは図書館、50dBは静かな公園、60dBは普通の会話、70dBはにぎやかなオフィス、80dBは地下鉄の車内
水冷式は運転音50dB以下、空冷式 RKE3750B-Vは運転音 60dB以下、RKE5500B-V、RKE7500B-V は運転音 63dB 以下と低音・静音設計
パソコン・シーケンサで操作と確認が可能
制御プログラムにより、用途にあわせて通信機能が活用できます。
【通信方法】
USB: 1 台、RS-422A: 32 台、RS-485: 32 台
大型DCチラーは、パソコンで操作可能

いち早く復旧できる細やかな表示機能
・点検注意 ・液温注意 ・送水圧力
・冷媒回路 ・インバータ etc.

最大 32 台まで連結可能

パソコンで操作可能な項目

  • チラー本体を個別に運転・停止の操作が可能
  • チラーの送水ポンプを個別に操作が可能
  • チラーの液温を個別に設定が可能
海外企画対応
CE マーキング
メーカオプション品です
その他海外規格
要望はホームページより
お問い合わせください
RoHS
詳細はホームページより
お問い合わせください

ニーズに合わせ装備いろいろ!

オリオンインバータチラー セレクトガイド

標準装備品・現地取付オプション品・メーカーオプション品
大型DCチラーのアクセサリは盛り沢山

オリオンインバータチラーは幅広いお客様ニーズに対応して、多岐にわたる装備を準備してまいりました。
ぜひ、大型 DC インバータチラーのアクセサリを本リンクよりご覧ください。

仕様表:空冷式性能等

型式 空冷式
RKE3750B-V
G1・G2(キャスタ付)
RKE5500B-V RKE7500B-V RKE11000B-V RKE15000B-V

冷却能力 ※1 kW 12.2 20.3 25.0 37.2 48.0
加熱能力 ※2 kW 2.8 3.7 8.0 10.0
使用周囲温度範囲 -20 ~ 45 (オプション使用時 -20 ~ 50) -20 ~ 45
使用温度範囲(液温) 3 ~ 35 (0 ~ 35 : ブライン使用時) ※8
制御精度 ※3 ±0.1℃ (省エネモード設定時 : ±2.0℃)
使用流量範囲 L/min 15 ~ 60 60 ~ 170 100 ~ 230



電源 ※4 V(Hz) 三相 200 ~ 220 ±10% (50/60)
消費電力 ※1 kW 5.4 9.8 10.2 14.4 18.1
電流 ※1 A 16.5 30.1 33.5 47.0 56.3
電源容量 ※5 kVA 7.0 11.0 11.8 19.5 22.0
しゃ断器容量 ※6 A 30 50 75 100
運転制御方式 圧縮機回転数制御



冷凍用圧縮機 構造 全密閉型ロータリー式
(インバータ駆動)
全密閉型スクロール式
(インバータ駆動)
出力 kW 1.7 3 4.6 7.46 11.19
凝縮器 フィンアンドチューブ型強制空冷式
冷却器 構造 プレート式熱交換器
材質 SUS316 (ブレージング : Cu )
圧送ポンプ 構造 多段渦巻浸漬型
出力 kW 1.1(インバータ駆動) 2.0(インバータ駆動) 2.5(インバータ駆動) 3.7(インバータ駆動)
ファン 出力 kW 0.4(インバータ駆動) 0.75(インバータ駆動) 0.4×2(インバータ駆動)
水槽実容量 L 約 60 約 90 約 100
冷媒 R410A
外形寸法
(高さ
×奥行×幅)
mm G1 : 1310
(G2 : 1536)
×752×720
1700
×854×870
1700
×854×1380
1800
×854×1610
製品質量(乾燥質量) kg G1:200・G2:205 280 290 415 460
運転音 ※7 dB 60 63 69 68
  1. 冷水温度 20℃、周囲温度 32℃ での運転時。冷却能力は、表示能力の 95% 以上です。
  2. 立上げ動作時のみ、周囲温度により変化します。
  3. 現在の負荷 ±10% 以内の状態が継続し、かつ周囲温度・電源等が安定している場合。ただし、起動時および冷却負荷が少なく圧縮機が ON-OFF する場合を除きます。
  4. 電源電圧の相間アンバランスは、±3% 以内としてください。
  5. 使用範囲内における最大運転電流時。
  6. 標準で過負荷保護兼用型漏電しゃ断器を内蔵しています。
  7. 運転音は正面 1m、高さ 1m の値です。
  8. 設定液温 0℃ ~ 3℃ までは不凍液をご使用ください。
  1. 本機で使用する液体(冷水)は、清水および 30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液を推奨します。
    但し、30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液をご使用の場合、冷却能力が 10% 程度低下する為、
    ご注意願います。
    また、純水の場合は、電気伝導率を 1µ S/cm 以上としてください。
  2. 装置排熱量(kW) は冷却能力の約 1.3 倍です

冷却能力線図 : 空冷式冷却能力比較図

外形図 : 空冷式外形寸法図

冷水量図

  • 図はバイパスバルブ閉かつ機外流量の実測値を示しています
  • インバータにより周波数を可変し、流量変更
  • 網掛部は周波数による調節可能範囲
  • 流量および圧力は、チラーでの表示値を示しています

仕様表:水冷式性能等

型式 水冷式
RKE3750B-VW
G1・G2
(キャスタ付)
RKE5500B-VW RKE7500B-VW RKE11000B-VW RKE15000B-VW

冷却能力 ※1 kW 14.1 23.4 27.3 43.0 48.0
加熱能力 ※2 kW 2.8 3.0 3.1 9.1 10.0
使用周囲温度範囲 2 ~ 45 (オプション使用時 2 ~ 50) 2 ~ 45
冷却水使用温度範囲 5 ~ 45
使用温度範囲(液温) 3 ~ 35 (0 ~ 35 : ブライン使用時) ※8
制御精度 ※3 ±0.1℃ (省エネモード設定時 : ±2.0℃)
使用流量範囲 L/min 15 ~ 60 60 ~ 170 100 ~ 230



電源 ※4 V(Hz) 三相 200 ± 10%(50)、三相 200 ~ 220 ±10% (60)
消費電力 ※1 kW 5.1 8.8 10.1 12.7 15.3
電流 ※1 A 19.2 31.8 33.0 41.0 48.2
電源容量 ※5 kVA 8.0 12.2 12.6 17.5 19.5
しゃ断器容量 ※6 A 30 50 75
運転制御方式 圧縮機回転数制御



冷凍用圧縮機 構造 全密閉型ロータリー式(インバータ駆動) 全密閉型スクロール式(インバータ駆動)
出力 kW 1.7 3 4.6 7.46 11.19
凝縮器 二重管型水冷式
冷却器 構造 プレート式熱交換器
材質 SUS316 (ブレージング : Cu )
圧送ポンプ 構造 多段渦巻浸漬型
出力 kW 1.1(インバータ駆動) 2.0(インバータ駆動) 2.5
(インバータ駆動)
3.7
(インバータ駆動)
水槽実容量 L 約 60 約 90 約 100
冷媒 R410A
外形寸法
(高さ
×奥行×幅)
mm G1 : 1410
(G2 : 1536)
×752×720
1700
×854×870
1410
×854×1380
製品質量(乾燥質量) kg G1:200・G2:205 280 290 390 405
運転音 ※7 dB 58 59
  1. 冷水温度 20℃、冷却水温 32℃、周囲温度 32℃ での運転時。冷却能力は、表示能力の 95% 以上です。
  2. 立上げ動作時のみ、周囲温度・冷却水温度により変化します。
  3. 現在の負荷 ±10% 以内の状態が継続し、かつ周囲温度(冷却水温)・電源等が安定している場合。ただし、起動時および冷却負荷が少なく圧縮機が ON-OFF する場合を除きます。
  4. 電源電圧の相間アンバランスは、±3% 以内としてください。
  5. 使用範囲内における最大運転電流時。
  6. 標準で過負荷保護兼用型漏電しゃ断器を内蔵しています。
  7. 運転音は正面 1m、高さ 1m の値です。
  8. 設定液温 0℃ ~ 3℃ までは不凍液をご使用ください。
  1. 使用する液体(冷水)は、清水および 30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液を推奨します。
    但し、30 ~ 40% の工業用エチレングリコール水溶液をご使用の場合、冷却能力が 10% 程度低下する為、
    ご注意願います。
    また、純水の場合は、電気伝導率を 1µ S/cm 以上としてください。

冷却能力線図 : 水冷式冷却能力比較図

冷却水量(水冷機凝縮用)

  • 必要冷却水量は、水温により決まります
  • 下記のグラフより必要水量を確保してください

外形図 : 水冷式外形寸法図

冷水量図

  • 図はバイパスバルブ閉かつ機外流量の実測値を示しています
  • インバータにより周波数を可変し、流量変更
  • 網掛部は周波数による調節可能範囲
  • 流量および圧力は、チラーでの表示値を示しています